Top >  しみの治療 >  しみ治療としみの再発

しみ治療としみの再発

スポンサード リンク

しみができてしまっても現在の医療技術によればしみを薄くすることは可能です。しかし、しみは治療してしまい消えれば今度一切現れないというものではありません。治療したはずのしみが再び現れることもあれば他の箇所にしみが現れることもあります。しみ治療によって消失するのはメラニン色素を含む表皮細胞でありメラニンを作り出す細胞ではありません。メラノサイトが残っている限りは紫外線などの刺激により再びしみが作られる可能性があります。メラノサイトを殺してしまうとしみを消すだけではなく白斑症という状態になり、肌が真っ白になってしまいます。したがってしみのない肌を保ちたいということであれば時々治療が必要になります。美しい肌を保つためにはしみ治療は一度行えばよいというものではなく、無理のない程度に断続的に行う必要があるでしょう。

しみの治療

関連エントリー

しみ治療としみの再発 しみの種類と治療法(2) しみの種類と治療法(1) しみの治療法 しみ、しわの治療にケミカルピーリング しみの治療