Top >  しみ予防 >  若いうちからのしみ予防が大切

若いうちからのしみ予防が大切

スポンサード リンク

しみのなかでも老人性のしみというのは、色白で日焼けをしてもすぐには黒くならないタイプの人にできやすいといわれます。将来老人性のしみができやすい人とは、体質的には色白で日焼けをしにくいもち肌でにきとびなどもできにくいきれいな肌の持ち主といえます。また、人為的な要因的してはと日焼け対策を十分行わずアウトドアで活動したりファンデーションをつけないなど肌の手入れに関心がない人はしみができやすいといえます。将来しみのない肌になりたいのであれば若いうちからしみの要因を自覚することが第一の予防策といえます。また、しみが進行する大きな要因のひとつが妊娠・出産・育児という大きな山です。妊娠・出産などによるホルモンの影響によるしみの出現は予防のしようがありませんが、できてしまったしみは早めに治療することが大切です。また、育児中は忙しくて自分の肌のお手入れにまで手が回らなかったり、炎天下の屋外で過ごすことが多いなどしみができやすい環境にあります。若くきれいな肌だからとしみの予防を怠っていては将来老人性のしみができることになりかねません。

しみ予防

関連エントリー

若いうちからのしみ予防が大切 しみの予防と化粧品 しみ予防にビタミンC しみを予防するビタミン しみの予防に洗顔