Top >  しみ・そばかす:治療 >  しみ・そばかすの治療法

しみ・そばかすの治療法

スポンサード リンク

そばかすは頬や鼻の上に茶色い小さな斑点がたくさん散在するもので、遺伝性が高いものといわれます。そばかすの治療方法として高い効果を発揮するのがQスイッチレーザ、スーパーフォトセラピーです。しかし、そばかすは治療を行っても再発してしまうことがあるため漂白剤やケミカルピーリング、ビタミン導入、トレチノイン治療などの維持療法を行う必要があります。遅発性太田母斑は後天性真皮メラノサイトーシスともいわれ、両頬や額の左右両端、まぶたや小鼻にできやすいしみで色は黒茶色や灰色のしみです。一見すると肝斑やそばかすのように見えることもあります。このしみの場合Qスイッチレーザーによる治療が効果があります。レーザー治療の前後にトレチノイン治療を併用することで炎症後色素沈着を予防する効果もあります。

しみ・そばかす:治療

関連エントリー

しみ・そばかすの治療法