Top >  しみの原因 >  しみの発生原因とホルモンバランス

しみの発生原因とホルモンバランス

スポンサード リンク

しみが発生する原因のひとつにはホルモンバランスの乱れがあげられ、特に妊娠中は顔のしみが目立ってくるともいわれます。妊娠中期に発症するしみを妊娠性肝斑といい、この妊娠性肝斑は出産後には薄くなるといいますが完全には消えない場合もあります。なかには老人性色素斑ができてしまう人もいるようです。妊娠中に分泌される黄体ホルモンが色素細胞を刺激するホルモンを分泌させることが原因とされています。妊娠中は気になるしみもたいていの人の場合出産後には徐々に薄くなっていくのでそれほど心配することはないでしょうが、しみの原因をつくらないためにも普段よりもしっかりと紫外線対策をするよう心がけましょう。妊娠中でも日焼け止め剤やファンデーションで肌を保護する紫外線対策をすることが大切ですが、妊娠中は臭いにも敏感になるので化粧品を選ぶ際には普段より気をつけましょう。

しみの原因

関連エントリー

化粧としみの原因 しみの発生原因とホルモンバランス しみの原因と皮膚のターンオーバー しみとは