Top >  しみの治療 >  しみの治療法

しみの治療法

スポンサード リンク

しみの治療はしみの種類によってもことなりますし、同じ種類のしみでも治療方法はいくつかあります。しみの治療方法は大きく分け、トレチノインとハイドロキノンを自宅で塗る方法、レーザーやフォトセラピーなど照射する方法、ビタミン剤やトランネキサムなど従来の方法があります。どの治療法を選択するかを判断するためにメラニンのある場所の診断は必要なのです。しみは皮膚にメラニン色素が増えることによってできます。そのメラニンが皮膚細胞が分裂する基底層の上にあるか下にあるかが診断治療のポイントとなります。原則として肝斑と炎症後色素沈着にはレーザーやフォトセラピーなどの照射する治療方法は向きません。特に肝斑については解明されていないことも多く、治療についても確実な方法というのはまだありません。多くの施設で様々な治療法が試行されていて新しい機械も開発されていますが、よく検討して治療を選ぶことが必要でしょう。

しみの治療

関連エントリー

しみ治療としみの再発 しみの種類と治療法(2) しみの種類と治療法(1) しみの治療法 しみ、しわの治療にケミカルピーリング しみの治療