Top >  しみの治療 >  しみ、しわの治療にケミカルピーリング

しみ、しわの治療にケミカルピーリング

スポンサード リンク

しみや小じわの治療法のひとつとして主流となってきたケミカルピーリングとは酸の力によって皮膚表面の角質をはがし、新しい細胞を形成する治療法です。ピーリングを行う酸には様々な種類がありますが、主流となっているのは弱いAHA(フルーツ酸)よよばれるもので角質層の薄い部分に作用します。こうした薬剤を使うことで皮膚の表面を剥ぎ取り、皮膚が本来持っている再生能力を生かして細胞を再生させ薄いしみやくすみを軽減させます。ピーリングは古い角質の除去や毛穴づまりの改善に有効で、古い角質を取り除くことで肌の老化とともに増えるしみやくすみ、小じわの改善も期待できます。ピーリングに使用する酸は同じ酸でも濃度やpHで強さが異なり人によっても反応が違います。肌にも個人差がありますから治療を受ける場合は経験と知識の豊富な医師の下で行うことが大切です。

しみの治療

関連エントリー

しみ治療としみの再発 しみの種類と治療法(2) しみの種類と治療法(1) しみの治療法 しみ、しわの治療にケミカルピーリング しみの治療