Top >  しみの原因:メラニン色素 >  しみの原因となるメラニン色素

しみの原因となるメラニン色素

スポンサード リンク

しみの原因ともいえるメラニン色素は一見悪者のように思われがちです。しかし、このメラニン色素には実は皮膚を守るための大切な役割があります。日焼けなどから皮下組織を保護するために表皮で有害な紫外線を遮る働きをしてくれているのはこのメラニン色素なのです。もしメラニン色素の防御反応がなければ皮膚の奥まで紫外線が侵入してしまい、皮膚細胞は破壊され皮膚がんなどの症状を引き起こす場合もあるのです。皮膚の基底層に存在するメラノサイトによって作られたメラニン色素は細胞に取り込まれた後新陳代謝によって表皮まで押し上げられやがて剥がれ落ちるのですが、その剥がれ落ちるまでの間に角質層では防ぎきれず侵入した紫外線をメラニン色素が吸収、拡散して肌を守ってくれます。このようにメラニン色素はしみの原因ではありますが肌にとっては不可欠なものといえます。しみを防ぐには紫外線を避け、必要以上にメラニン色素が作られないようにすることです。

しみの原因:メラニン色素

関連エントリー

しみの原因となるメラニン色素