Top >  しみの原因 >  しみとは

しみとは

スポンサード リンク

「しみ」は医学的には肝斑,雀卵斑、老人性色素斑、脂漏性角化症、炎症後色素沈着などと言われます。身体にメラニン色素が蓄積され色素沈着となり、この色素沈着のことをしみといいます。シミのできる原因は様々ですが80パーセントは紫外線によるものといわれています。紫外線のほかにはホルモンバランスの崩れや睡眠不足、剃刀負けやにきび痕などの皮膚への刺激、加齢による代謝力の低下などもしみができる原因といわれます。人間の皮膚というのはいくつもの層によって成り立っているのですが、基底層という部分にあるメラノサイトが紫外線やホルモンの影響など様々な刺激を受けると皮膚を守ろうとする防御機能が活性化し、メラニン色素が作り出されるのです。通常はこのメラニン色素は皮膚のターンオーバーにより排泄されるのですが、生成れる量が多すぎると排出しきれず残り、表皮にたまってしまうことでしみとなってしまうのです。

しみの原因

関連エントリー

化粧としみの原因 しみの発生原因とホルモンバランス しみの原因と皮膚のターンオーバー しみとは