Top >  しみの治療 >  しみの種類と治療法(1)

しみの種類と治療法(1)

スポンサード リンク

しみは女性の顔にはっきりとでるものであるだけに女性にとって一番多い顔の悩みといえるかもしれません。しみやそばかすを予防するには肌に栄養を与え、新陳代謝を活発にしておくことや紫外線を避けることが必要です。しかし、化粧品の効果ばかりを過信しすぎずストレスを避け、心身の休養や十分な睡眠時間をとることが大切です。できてしまったしみを治療することは非常に難しいことですがプロの手による治療を受ければ短時間で確実にしみを消し去ることができます。しみの治療方法はしみの種類によっても様々な方法があります。日光性色素班と呼ばれるしみは40代以降の人に多く頬やこめかみにはっきりした類円形の色素班が現れるものです。治療方法としてはQスイッチレーザやスーパーフォトセラピーでの治療となり、必要に応じてトレチノイン軟膏・ハイドロキノン軟膏などが併用されます。

しみの治療

関連エントリー

しみ治療としみの再発 しみの種類と治療法(2) しみの種類と治療法(1) しみの治療法 しみ、しわの治療にケミカルピーリング しみの治療